医療脱毛はエステ脱毛よりハイパワーの出力が強く、短時間で脱毛が可能です。

MENU

エステ脱毛と医療脱毛の違い

店舗で脱毛する場合はクリニックとエステサロン(脱毛サロン)の2つの選択肢があります。
クリニックで行うのは医療脱毛、エステサロンの脱毛はエステ脱毛と呼びます。
どちらも何度も脱毛すれば永久脱毛は可能ですが、脱毛スピードとサポート体制に違いがあります。

 

機械が違う

現在主流になっているのは医療脱毛はレーザー脱毛機による脱毛、エステ脱毛はフラッシュ脱毛機による脱毛です。
どちらも仕組みは同じで、毛の生える原因になる毛根やバルジ領域をレーザー(フラッシュ)の熱で破壊します。
医療脱毛は規制が少なくハイパワーの出力を可能にしています。
エステ脱毛は医療脱毛に比べると出力が弱いため、何度も通わないと永久脱毛は得られません。

 

これだけ聞くとエステ脱毛を使う価値はないように感じますが、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は毛の濃いほど効果が大きいとされています。
男性の太くて濃い毛は女性の細い毛に比べて脱毛効果を得られやすいため、エステ脱毛の適正は高いです。

 

痛さの違い

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はどちらも相応の痛さがあります。
出力の強い分、医療脱毛の方が痛いと思われがちですが、医療脱毛機は進化を遂げていて最近ではアレキサンドライトやルビーレーザーが主流になっています。
古い型の脱毛器よりも肌の浅い毛にアプローチをかけるため、痛みは軽減されています。

エステ脱毛も改良を行い少ない痛みで大きな効果を得られる脱毛機が増えていますが、全般的に医療脱毛の方が痛みの少ない脱毛機は多いです。
ただし、毛質や肌質によっては痛みの少ないレーザー脱毛機だとエステ脱毛と同様に何度も通わないと永久脱毛効果を得られません。

 

医療脱毛の場合は医師がいるのでオプションで麻酔をかけて施術を受けることもできます。
ヒゲや胸、肌、足は麻酔なしでも耐えられる痛みで、医療脱毛でも麻酔利用者の比率は低いです。
痛みに弱い人や、痛みが大きいとされるVIO脱毛を検討している方は医療脱毛で麻酔も検討してみましょう。

 

施術者の違い

 

白衣の看護師

 

医療脱毛は医師もしくは看護師の有資格者でないと照射できない決まりになっています。美容外科では主に看護師が施術します。
エステ脱毛は資格なしでも施術できます。エステサロンごとに教育を受けたスタッフによる施術になります。
資格はないですが、訓練はされているので素人による施術ではありません。

 

資格の有無に違いはありますが、施術の要領や品質に大きな違いはありません
医療脱毛の場合は医師と看護師が在籍しているので、万一の肌トラブルの際には、その場で診察や処方箋を出してくれます。
エステ脱毛はエステ用アフターケアジェルなどの販売や配布は行っていますが、大きな肌トラブルになるとその場で対処はできず、皮膚科など病院にかかる必要があります。
アフターケアの体制では医療脱毛の方が優れています
ただし、エステ脱毛も安全管理は徹底しているので、病院に診てもらうようなトラブル件数は少ないです。

 

料金の違い

 

財布と金

 

エステ脱毛の魅力は料金の安さです。回数を通う必要はありますが、10回コースなど回数の多いセットプランを医療脱毛より安く提供しています。
最近では医療脱毛も安いプランを打ち出すクリニックが増えていますが、全身脱毛やボディとヒゲのセットになるとエステ脱毛の方が圧倒的に安く2倍以上の差が出るケースもあります。
当サイトの見解としては、脱毛部位の少ない場合は医療脱毛がオススメ。全身毛深くて複数部位の脱毛をしたい場合はエステ脱毛を検討する余地が大きくなります。