脱毛前には毛抜きでの自己処理や日焼けをしないように注意しましょう。

MENU

脱毛の事前処理

脱毛の方法にもよりますが、レーザーやフラッシュ(光)などの照射系は剃り毛をしておく必要があります。
脱毛前には毛抜きと日焼けをしないように注意しましょう。
そのほか、保湿をしっかり行うことと、照射前には洗顔をして皮脂や化粧品をしっかり洗い流す必要があります。

 

 

カミソリ負けや炎症を起こさない慎重な剃り毛をする

カミソリ脱毛の事前処理で一番注意しないといけないのが、カミソリ負けなどの肌トラブルです。
肌の状態が悪いと、施術拒否(キャンセル料発生)や、問題のある部分を避けて照射する流れになってしまいます。
剃り残しがあると剃り毛料を取られますが、一般的な相場は1部位500円程度です。
理想は剃り残しなく適切に処理することですが、肌が弱い方や剛毛でカミソリ負けを頻繁に起こす方は、剃り残しがあったとしても肌トラブルを起こさないことを最優先にしましょう。
剃り毛料を払うと割り切って完全に剃り毛をしないのはNGです。クリニックやサロンによっては明らかな未処理や剃り残しが多いと施術拒否される場合があります。
脱毛当日だけではなく2週間くらい前から、剃り毛は慎重に行うようにしましょう。

 

メンズ脱毛の場合は、VIOや背中、太ももなど視線と手が届きにくい場所でのトラブルが多いです。
必要に応じてボディ用で電動シェーバーを購入するなどして対処しましょう。

 

 

施術スタッフによる事前処理

脱毛当日は施術スタッフによって以下の事前処理が行われます。

  • 毛の確認 → 必要に応じて剃り毛
  • ホクロなどのマスキング
  • 肌トラブルの確認 → 問題ある部位はマスキング
  • 照射部位の線引き
  • 施術用ジェルの塗布(脱毛機によっては不要)

脱毛はマニュアルによって照射部位のラインに線を引きます。
はみ出た部分をオマケで脱毛してもらうことは難しいです。不安があればカウンセリングで脱毛部位のライン決めの方法を確認しておきましょう。
ホクロやシミなどは、施術スタッフがマスキングしてくれるので、特に自分で処理をする必要はありません。

 

現地で洗顔などを行う

クリニックやサロンには、パウダールームが用意されていて、洗顔や身体の拭き洗いをすることができます。
当日は痛みを軽減する目的も含めて、保湿クリームなどを塗ってスキンケアを行い、現地で洗い流します。
化粧品を使っていない場合でも皮脂が残っていると脱毛効果が少なくなるので必ず洗顔などを行ってください。
予約時間より10分ほど前に到着して受け付けとパウダールームでの処理を行うようにしましょう。

 

 

その他の注意点

脱毛する際は以下の注意点を守りましょう。

  • 抜き毛をしない → 抜いた毛は効果が出ない
  • 2週間以内は紫外線を連続1時間以上浴びない → 肌が黒くなる日焼けがなくてもメラニン色素が沈着して悪影響を及ぼす
  • 毎日保湿をしっかり行う → 乾燥肌は痛みを感じやすく脱毛効果が減少する

その他、不安な点があればカウンセリングで確認しておきましょう。
注意点を全て守ることが短期間で大きな脱毛効果を得るためのコツです。