レーザー脱毛は痛いイメージがありますが、最新の脱毛機は痛みが大幅に軽減されています。

MENU

どんな脱毛方法がある?

 

脱毛の種類に悩む男性

 

脱毛は主に以下の種類があります。

  • レーザー脱毛(医療脱毛、エステ脱毛など)
  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • 電気式ニードル脱毛(主にメンズTBC)
  • 脱毛クリーム(溶かすタイプ)
  • 脱毛WAX(抜くタイプ)
  • ローションタイプ(ヒゲ剃りした後に塗る)

 

脱毛クリームと脱毛WAXは、脱毛というよりも一時的な処理の目的が強いです。
剃らないので処理した後に太い毛の根元が見えることはありませんが、毛の生える原因になる毛根やバルジ領域に働きかける効果はないので時間の経過とともに再び毛は生えてきます。
ローションタイプは、一切効果はないと断言はできませんが即効性はなく、太くて濃い男性の場合は一切の効果を感じられない内容の口コミが目立ちます。
レーザー脱毛や電気式ニードル脱毛は正しい方法で行えば、毛は生えてきません。

 

レーザー脱毛にも種類がある

 

レーザー脱毛

 

レーザー脱毛の仕組みは毛根やパルジ領域を破壊して毛の生える元になる部分にアプローチをかけることで毛を生えなくさせるものです。
脱毛機には複数の波長があり、毛の奥まで入り込むタイプと浅いところのバルジ領域にアプローチするタイプがあります。
主要なレーザー脱毛機の種類を、肌の奥まで届く順に並べると以下の通りです。

 

YAGレーザー
ダイオードーレーザー
アレキサンドライトレーザー
ルビーレーザー

 

以前は毛根の奥から破壊するYAGレーザーが主流でしたが照射時の痛みが大きく、毛根の浅い毛は効果が少ないなどデメリットも多かったです。
最新の脱毛機はアレキサンドライトレーザーやルビーレーザーが主流になっています。
レーザー脱毛は痛いイメージを持っている方も多いですが、最新の脱毛機は肌の浅いところにアプローチをするので無痛にはならないものの、従来のYAGレーザーやダイオードーレーザーより痛みも大幅に軽減されています。

 

毛や肌の質によって最適な脱毛機は異なります。
できれば、複数の脱毛機を用意しているクリニックで医師や専門カウンセラーと相談しながら脱毛機の選定をすると良いでしょう。
新しい機種であれば、アレキサンドライトレーザーやルビーレーザーでも、あらゆる毛質に対応できるように工夫されていて、本格的な脱毛サロンやクリニックなら効果を一切実感できないことは少ないです。
安い家庭用脱毛機の場合は、安全性を重視して出力が弱いため照射しても毛根まで届かないため、毎日繰り返し使い続けないと効果を得られません。

電気式ニードル脱毛よりレーザー脱毛が普及した理由

電気式ニードル脱毛は電気を流しながら毛を抜くことで、痛みもなく毛根を破壊できるため、一度処置した毛は確実な永久脱毛効果を得られます。
しかし、どの脱毛方法にも共通したことですが、毛は休眠期間があって永久脱毛するためには、期間を空けて何度か繰り返し脱毛しないといけません。
電気式ニードル脱毛とレーザー脱毛のどちらでも永久脱毛は可能ですが、広範囲を脱毛しようとする場合はレーザー脱毛の方が費用は圧倒的に安いです。
電気式ニードル脱毛は1本ずつ処理するため、ヒゲのデザイン脱毛など少ない部位の脱毛やデザイン性を重視したい場合に向いています。