海外ではお金のある人は全身脱毛をするのが当たり前で、憧れの行為として認識されています。

MENU

海外ではメンズ脱毛は当たり前

日本は美容外科も多くて脱毛技術も進んでいるように思っている方もいますが、欧米をはじめ海外と比べると日本のメンズ脱毛は遅れています
さらに言えば、日本は女性ですら脱毛意識が弱いと海外から思われています。
アンダーヘアを全く処理しないのは海外では珍しい文化で、外人が日本人女性とセックスする際にアンダーヘアを見てビックリするのは有名な話です。
また、現在導入されているクリニックやサロンで使っている脱毛機の多くは海外から輸入しているものです。
ほかにも脱毛クリームや脱毛WAXも売れ筋商品の多くは海外製です。
また海外の有名なスポーツ選手を見てもらっても分かるように、ヒゲを生やすのは別として体毛の濃い人は思い浮かばないはずです。
それだけ海外ではメンズ脱毛も当たり前です。

 

ムダ毛のない外人男性

 

海外では全身の毛を処理している

永久脱毛を行うには相応の経済力が必要ですが、普段から足、腕、腹、胸などの体毛は剃ったり、クリームやワックスで処理するのは海外で当たり前です。
日本の場合は、剃ると太くなると言われていて生やしているよりも剃った跡の出ている状態をカッコ悪くてだらしないというイメージが定着しています。
アメリカやヨーロッパは女性は顔より下の毛はアンダーヘアを含めて全てツルツツ、男性もツルツルもしくはアンダーヘアは見栄えよく処理する人が多いです。

 

海外で毛を処理するのが当たり前の理由は昔からの文化の違いもありますが、タトゥーを入れる人が多いことや肌を露出することが好きな人の多い特徴があります。
特にサッカーの盛んな国は半袖、ハーフパンツのユニフォームを綺麗に着るために男性の体毛処理は当たり前のことになっています。

 

成功したプロサッカー選手の多くは、ほとんどが顔より下の毛を全身脱毛していて、海外ではお金のある人は全身脱毛することが当たり前でもあり、憧れの行為という風に認識されています。
需要も多いので脱毛機や脱毛グッズの開発も積極的になって海外では良い商品や設備をたくさん生み出しています。

 

サッカーだけではなく、ロードバイクや陸上も脱毛するのは当たり前の競技として定着しています。
手足を露出する時点で毛は処理するのがマナーでもあり、実用的にもムダ毛は生えていてもメリットはなく処理していればテーピングもしやすいといった概念を持っています。

 

日本も変わってきている

日本も少しずつ脱毛への意識が変わってきています
最近の若い女性はVIO脱毛をする人が増えていますし、メンズ脱毛もここ数年で需要は大きく拡大しました。
日本人は肌が白くてムダ毛が目立ちやすい体質なので、剃って対処する方法はイマイチ普及していませんが、見栄えも綺麗になるレーザー脱毛は放置して伸ばすよりも良い行為という認識で定着してきました。